高齢者の巻き爪について

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

こんにちは!
巻き爪施術を行っている、名古屋フットケア専門院です!

今回は高齢者の巻き爪に関する紹介をしていきたいと思います!

高齢者の方は巻き爪になる方は多いです!

当院に来られる方も、
60代、70代、80代、90代、

たくさんの高齢者の方が巻き爪でお悩みの方がいます。

このページを見てる方、もしくはご家族の方が、
このような症状でお悩みではありませんか?

『巻き爪の症状』

①年齢を重ねるにつれ、爪が巻いて来た。

②爪が分厚くなっているため、爪切りがうまくできない。

③爪を触ると痛いと感じ、どうすればいいかわからない。

④巻き爪の痛みがひどくて、デイサービスに通うのが難しくなっている。

このようなお悩みはありませんか?

巻き爪は症状が軽ければ軽いほど、
矯正も早く終わります!

今も気になっている方は是非読んでほしいと思います。

高齢者の方の巻き爪には、他にも原因があります。

『巻き爪の原因』

①爪の乾燥

年齢を重ねると、肌の水分量が少なくなる事はご存知ですか?

爪は年齢と共に乾燥していきます。

爪にも少なからず、水分が含まれています。

加齢により、水分が失われていき、爪はギュッと縮まり、

爪のアーチも少し丸みを帯びる事があります。

また、乾燥により爪が硬くなり、
爪切りの際に、必要以上の力を入れてしまったり、
爪が割れるといった現象が起こります。

②歩かなくなる

最近では高齢者の方でもスポーツを楽しんだり、
ジムで体を動かす方は多くおられますが、
一般的では、体力の衰えから運動不足になります。
そうなれば自然的に歩く時間が少なくなり、
これが巻き爪と関係して来ます。

爪の性質には本来、巻くという性質があり、
ちゃんと歩く事が巻き爪の予防になっているのです。

爪の巻く力に対して、指から反発の力が加わる事で、
爪のアーチを一定の形に保持しています。

歩く時間が少なくなると、その反発の力が少なくなり、
巻く力ばかり強くなってしまい、徐々に巻き爪が進行していきます。

寝たきりになってから巻き爪になるのはこれが原因です。

これらの原因が主に高齢者の方に見られる傾向です。

痛みを抱えながら、
普通に生活をするのは本当に辛い事です。

一度巻いてしまった爪は自然に治る事はありません。

痛みがある、爪が巻き始めた、もしくはもう巻いている。

そういった場合はお早めの相談をお勧めします!

これからも巻き爪でお悩みの人たちの為にも、
様々な事例を紹介していきます!

それでは!

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る