人間と動物の爪について

ブログ

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、人間と動物の爪についてご紹介します。
是非、最後まで読んでみてください。

皆さんは、人間と動物の爪は何が違うと思いますか?
仕組みとしては、身体のパワーバランスを調整するために
必要不可欠な体の一部なのですが、人間と動物では
爪の「使い方」に違いがあります。

例えば、鳥や獣は獲物を狩るために爪が
かぎ爪のように発達しています。
一方、人間は動物のようにかぎ爪ではなく
指の形に沿って丸く帯びています。

これは、人間が物をつかむためや
歩くときの体重のバランスを調整するために
かぎ爪ではなく、丸くなっています。

人間は、動物と異なり指先など身体の機能を
守るあるいはコントロールするために重要な
役割を持っています。

しかしながら、人間は動物のように爪を木などで
削って爪を調整することができないため
爪切りで爪が伸びすぎないように
しなければなりません。

これを怠ってしまうと、爪が伸びすぎて
何かの衝撃で爪が割れてしまったり
巻き爪になる恐れがあります。

巻き爪は、放置してしまうと
足の皮膚にくいこんでしまい
歩くことが辛くなります。

また、場合によっては
爪の形状が大きく弯曲して
弯曲したところから炎症を
引き起こすこともあります。

このような場合、痛みと
長い付き合いをしなければならないのかと
思っている方もいらっしゃるかと思いますが
巻き爪は、決して治らない症状ではありません。

当院で扱っておりますインベントプラスという
施術では、施術短時間で痛みもなく
どんな爪でも施術を受けることができます。

ワイヤーを使って、爪の端に固定して
長時間固定することで爪を矯正して
正常な爪に戻すことができます。

巻き爪でお悩みの方は
是非、ご相談ください!

それでは!