爪の役割とは?

ブログ

こんにちは、巻き爪施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

最近、寒くて指の先まで冷たくなってしまいますよね。
夏よりも冬は、爪が伸びるのが遅いですが
巻き爪の進行を遅くすることはできません!

そもそも爪とは、どういう役割があるのか!?
今回は、「爪」についてご紹介します。

『爪とは?』

◆爪とは?
爪は、皮膚の仲間でタンパク質でできています。
神経分布の多い指を保護する役割や指先に力を
入れた際に、細かい動きをやりやすくするために存在します。

◆どこからどこまでが爪?
爪甲(そうこう)と言われるピンク色のところから
爪先(そうせん)と言われる爪先の白いところまで。

◆どのくらいのスピードで爪が伸びる?
一日に平均0.1〜0.15mm伸びます。
1ヶ月で約3mmほど伸びます。
日常生活では全く気にもしない爪ですが
実は、人間にとって大きな役割と生活の保護をしており
指先に伝わる衝撃を軽減されているのです!

だから、爪を噛んだり、深く切りすぎるなどの行為をすると
爪が傷つき、そこからばい菌が入って炎症したり
巻き爪の原因にもなります。

常日頃から爪をケアすることや放置して伸ばさず
爪を切ることが大切です。

施術者A子さんは、施術前から爪の乾燥に悩んでいました。
爪も肌と同じで保湿をしなければ、水分がどんどん蒸発して
爪の周りが荒れてしまいます。

『爪のケア方法』

このようなことにならないために
私が教えている簡単な方法があります。
準備するものは、爪やすりとお湯とハンドクリームだけです。
◆ステップ1:お湯に爪をつける
適度な温度でお湯に3分〜5分くらい爪を温めます。
爪を温めることで、保湿と柔らかくする目的があります。

◆ステップ2:爪やすりで削る
伸びている場合は、適度に爪やすりで削ります。
深く削り過ぎないように注意しましょう。

◆ステップ3:ハンドクリームで保湿
肌に揉み込むようにして爪から爪回りの指先に
ハンドクリームをつけましょう。
巻き爪に悩んでいる方は、不安やストレスから
健康を害するなどもあります。
リラックスできる対処を見つけて、巻き爪改善と
健康を取り戻す取り組みが最も重要です。

巻き爪の方も巻き爪でない方も
小さいことからコツコツと改善していきましょう!

それでは!