陥入爪は皮膚科に行くべき?その他の選択肢も知っておこう

ブログ

陥入爪の治療やケアはどのようなところで出来るか知っていますか?

 

あまり知識がなく足指が痛むからという理由で皮膚科を選ぶ人も多いです。

 

しかし医師によっては巻き爪や陥入爪に興味がなく、納得のいく治療が受けられないことも。

 

陥入爪の治療やケアには皮膚科以外にも形成外科、専門院など選択肢があり、それぞれ治療法や施術に違いがあります。

 

そこで今回は陥入爪はどこでケアするといいのか、皮膚科の治療法とはどのようなものかなどをご紹介いたします。

 

陥入爪は皮膚科で治療するのが一般的?

陥入爪は巻いた爪が足指に刺さって痛みがあったり炎症しているため、皮膚科で治療する人がけっこういます。

 

巻き爪や陥入爪を専門に扱う診療科はないため、どこに行って良いのか迷いながら皮膚科を選択しているようです。

 

皮膚科で陥入爪の治療はできますが、爪に全く興味のない医者も少なからずいます。

 

そのため皮膚科で陥入爪の治療をしても改善しなかったり、納得のいく治療をしてもらえなかったりすることもあるようです。

 

参考:https://www.nakanoseikei.com/sys/…/

 

形成外科・整形外科などでも治療可能

陥入爪の治療は皮膚科だけではなく、形成外科や整形外科などでも治療可能です。

 

皮膚科や形成外科などの治療方法は皮膚科とはまた異なります。

 

皮膚科は塗り薬や爪の角を切り落とす処置などで、皮膚の異常を治療することが多いようです。

 

一方、形成外科や整形外科は重症の人の手術をすることも。

 

巻いている爪の両端部分を切り取ったり、爪が生えてくるところに薬を塗り巻いている爪の両端が生えてこないようにする手術があります。

 

爪の変形がさらに強い場合は、爪の周囲を逆U字に切り取って爪を骨からはがすなどの手術を行います。

 

皮膚科同様、形成外科や整形外科なども爪が専門ではない医者がいるため、どこでも陥入爪の治療ができるというわけではありません。

 

皮膚科や形成外科などで陥入爪の治療ができるところは意外に少ないため、まずは問い合わせることをおすすめします。

 

参考:https://www.xn--w8jx92kiibt91blm4b.jp/omiya/…/

参考:https://www.tokushima.med.or.jp/…/

 

専門院でのケアを選ぶ人も多い

皮膚科などの病院では、医者が爪の病気の実績がなかったりすると満足のいく治療をしてもらえないことも。

 

皮膚科での治療が納得できなかったり、陥入爪の改善実績の多いところでケアしてもらいたくて専門院を選ぶ人も多いです。

 

爪に詳しい専門院なら、巻き爪や陥入爪の患者さまを数多く見てきているので、原因も探しだしやすく信頼できる部分も多いです。

 

そして陥入爪の改善だけでなく、トータルで体の状態を整えて、陥入爪が再発しない体づくりに導きます。

 

病院では手術しかないと言われた人が、手術をしたくなくて専門院に相談し、痛みのない施術で改善した実例もあります。

 

手術をせずに改善したい人や痛みのない施術をお望みの方は、専門院に相談してくださいね。

 

<h2>費用は病院によって異なるので要確認</h2>

陥入爪の費用は病院によって違いはありますが、基本的には自由診察が多く、値段は治療内容によっても変わります。

 

陥入爪になっている指1本ずつで料金が変わるところや、ワイヤーなどの器具の料金と施術料金を別にとる病院など様々です。

 

さらに初診料や再診料、薬の料金など、費用は病院によって異なるので、ホームページなどで事前に確認してから行くと安心です。

 

病院の場合は治療法によって保険適用か自由診察か異なる

陥入爪の治療費は同じ皮膚科であっても、治療法によって保険適用か自由診察か異なります。

 

基本的にフェノール法など手術は保険適用されることが多いようです。

 

しかしワイヤーなどを使って陥入爪を矯正する方法は自由診察になります。

 

保険適用される場合も自由診察の場合も病院により料金のばらつきがあります。

 

自由診察になると専門院との値段の違いもあまりありません。

 

そして保険適用されて治療しても、再発するとまたお金はかかります。

 

トータルで考えると、1回~数回の施術で陥入爪を改善させて、再発しないようにアドバイスをくれる巻き爪の専門院の方が安くつき時間の節約にもなることも多いです。

 

そのため、病院や専門院は料金よりも施術方針に納得のいくところを探して通うことをおすすめします。

 

参考:

https://nagai-bsc.com/course/makizume/knowledge/2020/220/#3

 

まとめ

陥入爪の治療はどこでできるのかわからない、足の指に傷ができて痛いから、などの理由で皮膚科を受診する方が多いようです。

 

しかし皮膚科でも医者により専門が違うので、陥入爪の治療をあまりしたことがない病院も。

 

また整形外科や形成外科でも陥入爪の治療や手術ができますが、こちらもどこの病院でもできるというわけではありません。

 

病院で陥入爪の治療を受けたいなら受診前に治療できるか確認しましょう。

 

そして陥入爪のケアは皮膚科などの病院以外にも専門院という選択肢もあります。

 

爪に詳しい専門院なら、巻き爪や陥入爪の患者さまを数多く見てきているので、原因も探し当てやすく信頼できます。

 

また一人ひとりに合ったアドバイスをするため、陥入爪の再発も防ぐことができます。

 

病院では治療法により保険適用できるものと自由診察になるものがあります。

 

一般的に手術は保険適用できますが、ワイヤーなどの矯正は自由診察で、値段は病院によって様々です。

 

自由診察になると専門院とは値段の差もあまりなくなるため、ご自身の納得のいく施術をしてくれるところを選んでくださいね。