妊娠後の巻き爪に注意!

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、妊娠で爪が痛いことを感じ、巻き爪と診断された、30代女性の妊婦Sさんについてご紹介します。

Sさんは、妊娠してからもお腹が大きくなるまでアパレルの仕事をしていたそうです。
Sさんは、何故巻き爪になってしまったのでしょうか。
是非、最後まで読んでみてください。

『30代女性のSさん』

妊娠してから、少しでもお金を稼ごうと思い、お腹が大きくなるまで、仕事をしてました。
仕事上、オシャレには気を遣っていて、靴は、よくハイヒールを履いていました。

お腹が大きくなってからは、旦那が身の回りのことをサポートしてくれたのですが、買い物だけは私がやろうと思って、近くのスーパーまで足を運んでいました。

お腹が大きくなってからは、下を見てもお腹が邪魔で少し怖かったのですが、あるとき、足の指先が痛いことを感じ、旦那に見てもらいました。

爪には特に異常はなく、爪がやや伸びているだけとのことだったこと、歩けないほどではなかったので、出産まで放置していました。

出産後、数ヶ月して久々にオシャレをしようと思い、旦那が子供を見ている間、ヒールを履いてみたのですが、ひどく痛く感じ、その日はヒールを履くのをやめました。

数日して、痛みが激しくなり、足をみてみると、赤く腫れて炎症をおこしていました。
出産がはじめてだったので、何かの影響かと思いましたが、まさか、巻き爪だとは思いもしませんでした。

こちらで診断していただき、はじめて巻き爪がどういうものなのかを知りました。

私の場合は、妊娠前から巻き爪の傾向にあり、妊娠するとともに、体重が重くなったことから、足先に対する負荷が増し、陥入爪という巻き爪になったようです。

施術では、ワイヤーを使って足の爪を矯正するもので、徐々に元の爪に治っていきました。

巻き爪は、小さい悩みですが、妊娠と一緒で本当に精神的に不安とストレスになります。
ここで施術できてよかったです。ありがとうございました。

『まとめ』

Sさん、ありがとうございます。
確かに、妊娠の際に巻き爪になると不安も倍増します。

今回の場合、早期発見からかなり経過していたので、痛みもそれなりだったかと思います。

足の痛みや爪の変化など、違和感を感じた際は、症状が悪化する前にご相談ください。
それでは!

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る