ランニングで巻き爪になる原因とは?

ブログ

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、ランニングをしていらっしゃる方で
いつの間にか巻き爪になる原因について、ご紹介します。

皆さんのなかには、常日頃から健康のためを思って
公園などでランニングをしている方も多いかと思います。
社会人になってからは、なかなか運動する機会もなく
仕事終わりの夜に、走っている方もよく見かけます。

ランニングは、とても良いことですが
何故巻き爪になってしまうのか!?
原因は、ランニングシューズにあります。

自分の足のサイズと、ランニングシューズのサイズが
合っていない場合、巻き爪を引き起こす原因になります。

当院で、施術を受けたランニングが趣味のOさんは
ランニングの際、長い距離を走るため、自分の足よりも
ワンサイズ小さいシューズで、ランニングをしていたそうです。

また、長距離のランニングで爪が割れるのが怖かったことから
爪を切る際に、深く切ってしまい深爪にもなっていました。

爪は、丸になろうという性質があるため、結果的に
巻き爪になりやすい爪になってしまいます。

足にフィットしないシューズを履き続けると
足の指先のトラブルが悪化して、走ることが
辛くなり、健康を害することにも繋がります。

ランニングシューズを購入する際は、なるべく
足の指先が圧迫されず、適度にフィットする
シューズを選ぶようにしましょう。

『Oさんの事例』

ちなみに、Oさんの場合は
インベントプラス(ワイヤーで爪を矯正する施術)で
爪を正常な形に戻してから、再びランニングをすることが
可能になりました。

しかしながら、何事も適量で対処することが一番です。
施術後、Oさんのランニングプランは長距離から変更し
一日10,000歩以内でゆっくりと走るようになったそうです。

手術で爪の根を切除して、痛い思いをすることよりも
こういった痛みもなく、正常な爪を取り戻せる施術があることを
もっと皆さんに知っていただきたいと思います。

体の健康ばかり気にしていた方は
今日から、爪の健康についても気を配ってみてください!

それでは!