早く対策すればよかった!巻き爪の原因を知ることは大事!

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フットケア専門院です!

小さい頃から巻き爪に悩んでいたという20代女性Sさんの体験談をご紹介します。

Sさんは、小さい頃から巻き爪の症状がありましたが、中学生の時の部活動でさらに酷くなってしまったそうです。

しかし、巻き爪の原因を理解し、合う対策をしたことで痛みに悩まなくなりました。

そのお話を紹介しますので、興味のある方は参考にしてみてください。

『Sさんの声』

 

私は、小さい頃から巻き爪の気配があると親に言われてきました。

湾曲爪の形をしていたので、痛みがなくて放置していましたが、親は病院に行くべきか悩んだそうです。

中学生で部活を始めてから、爪が肉に刺さるような痛みを感じました。

足に力を入れるスポーツをしていたので、それが原因だったのだと思います。

巻き爪のことを気にしながらも、結局放置してしまいました。

今回、相談をしようと思ったのは立ち仕事をすることで痛みが目立つようになったからです。

先生に相談したところ、ワイヤーでの施術で進めてみるとのことでした。

対策の結果、私にはワイヤーでの施術が合っていたと思います。

まず、痛みをほとんど感じることがなく、手術をしないため気軽にできました。

また、長い間対策はしましたが、通院回数は多くないので体力的な負担もなかったです。

巻き爪の悩みを解消することができ、本当に感謝しています。

『まとめ』

Sさんありがとございました。

巻き爪は、遺伝や加齢意外に、足に力を入れるスポーツも原因となってしまいます。

Sさんの場合は、元からあった巻き爪をさらに悪化させてしまったようでした。

対策は、手術は避けたいという希望を優先させ、症状からも合うワイヤー施術をしています。

このように、巻き爪は手術でなくても改善することがあるのです。

お悩みの方は、気軽に名古屋巻き爪フットケア専門院に相談ください。