陥入爪の治し方には種類がある!それぞれの特徴を併せてご紹介

陥入爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

陥入爪は歩くたびに痛みがあるので、苦痛を感じる方も多いです。放置しても良くはならないので、痛みが出てきたら早めに対処しましょう。

陥入爪の治し方にはいくつか種類があり、軽度や中度の方など、症状によって治し方は変わります。

そこで今回は軽度の方の治し方、中度の方の治し方など、症状別に陥入爪の治し方のそれぞれの特徴をご紹介いたします。

陥入爪の治し方の基本は「食い込みを和らげる」こと

巻き爪は足に合っていない靴を履いたり、足の指や爪に負担がかかる歩き方が主な原因です。

その巻き爪などが原因で爪の先が皮膚に食い込み痛みなどが起こることを陥入爪と言います。食い込みがひどくなると痛みが増して炎症や細菌感染を起こすことも。

そのため陥入爪は早めに食い込みを和らげて痛みをなくしましょう。
陥入爪の治し方は軽度や中度など程度によって変わってきます。

軽度の陥入爪の治し方

爪の食い込みが浅くて痛みもさほどない方は軽度です。
軽度の陥入爪の治し方をご紹介いたします。

正しい爪の切り方を知る

深爪をしていませんか?

普段歩くときに足の指には大きな力がかかります。爪はこの力に抵抗しますが、爪が短すぎると抵抗できません。

そのため指の真ん中の骨が盛り上がり、爪が丸くなりやすい状態に。

深爪をしていて陥入爪の軽度の方は、爪の白い部分を1mmほど伸ばして切るようにしましょう。

また指に沿って丸く切るのではなく、まっすぐ切ることで強い負荷に抵抗できるようになります。角は引っ掛からない程度に整えるくらいが理想です。

コットンパッキング

食い込みがそこまでひどくないけれど、痛みがある陥入爪の治し方としてコットンパッキングがおすすめです。

お化粧などに使用するコットンを少量用意します。
ピンセットなどでコットンを小さく取り、指と爪の間にそっと押し込みます。
コットンは毎日替えましょう。

そのあと爪の横側から表に向かってらせん状にテーピングをすることで皮膚と爪の間にすき間ができて痛みが軽減します。

コットンが落ちそうな場合は絆創膏などで固定するといいですよ。
陥入爪の軽度の方の治し方として一度試してみてください。

参考:https://www.moriseikeigeka.com/symptom/…/

中度・重度の陥入爪の治し方

陥入爪の中度の治し方は以下のような方法があります。

ワイヤー法

爪の先端に穴をあけてワイヤーを通して爪の形を整える方法です。

クリップ法

爪の白い部分に形状記憶合金のクリップを挟み込み爪を平らにする方法です。
クリップ法もワイヤー法も爪の形を矯正し痛みを緩和する方法です。
また最初は痛みがあることも多いです。

炎症がある場合は爪の端に柔らかい医療用チューブを差し込む「ガター法」というやり方もあります。

陥入爪の重度になってくると爪の端を切り落とす手術をすすめられることもあります。

参考:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_28.html

陥入爪は歩き方や生活習慣も関係している?

陥入爪は爪の切り方や足に合わない靴だけではなく、歩き方や生活習慣も関係しています。陥入爪の方には足指を使わず歩く方も多いです。
歩くときは足指で地面をけり出すようにしましょう。

また、足に体重がバランスよくかかっていることが大切です。身体のバランスが崩れているとバランスよく歩くのが難しいため、陥入爪を治したいときは体のバランスも整えるといいですよ。

また筋力が弱ると足裏のアーチが崩れて陥入爪以外にもトラブルの原因になります。
運動不足やあまり歩かない方は、こまめな運動する習慣をつけてくださいね。

目立たず痛みの少ないワイヤーも

陥入爪の中度の方の治し方としてワイヤー法をご紹介しました。

ワイヤー法は爪に穴をあけて数か月ワイヤーをつけ続ける矯正法のため、痛みや見た目で我慢することもあります。

しかし、名古屋巻き爪フットケア専門院のワイヤーは痛みがなく、1回の施術で痛みがほぼ解消する方が多くいらっしゃいます。

変形の大きい方も、ほとんどの方が複数回で平らになります。

ワイヤーをつけた見た目もジェルネイルのように見えるため、素足が見られてもあまり気になりません。

陥入爪の治し方として、ワイヤー法を考えているけれど見た目が気になる方、とにかく痛みなく爪の形を整えたい方は、名古屋巻き爪フットケア専門院にご相談ください。

参考:https://makitume-nagoya.com/menu/

陥入爪の悩みは名古屋巻き爪フットケア専門院まで

陥入爪は巻いた爪を平らにして終わりではありません。

一度、陥入爪が改善しても、爪の切り方が間違っていたり、正しく歩けていないと再発する可能性は高いです。

痛くなく、見た目も良いワイヤーを使った施術で陥入爪の改善をした後は、歩き方や足指の使い方のアドバイスをし、さらに体のバランスも整えます。

そのため、名古屋巻き爪フットケア専門院に通っていただいた方は、陥入爪が再発しにくいです。

名古屋巻き爪フットケア専門院では、多くの巻き爪や陥入爪の患者さまを改善してきた実績も多くありますので、多様な陥入爪のお悩みもアドバイスすることができます。

間違ったセルフケアで悪化する前に、名古屋巻き爪フットケア専門院を頼ってくださいね。

まとめ

陥入爪の治し方には軽度や中度など症状に合わせていくつか種類があります。

陥入爪の軽度の方に多い治し方としては「正しい爪の切り方を知ること」「コットンパッキング」でした。

正しい爪の切り方やコットンを爪と皮膚の間に入れ込むことで、爪の食い込みを和らげ痛みを緩和します。

陥入爪の治し方で中度の方は「クリップ法」「ワイヤー法」「ガター法」がメインです。

重度になってくると手術をすすめられることも。

ワイヤーを使っての陥入爪の治し方は、痛みがあったり見た目が良くないことを気にする方もいらっしゃいます。

名古屋巻き爪フットケア専門院では、ワイヤーをしても痛みがなく1回の施術で痛みが解消する方が多くいらっしゃいます。

また、ワイヤーを付けていてもジェルネイルのように見えるため、見た目も気になりません。そして、陥入爪は改善しても、歩き方や生活習慣が元のままだと再発する可能性は高いです。

名古屋巻き爪フットケア専門院では、歩き方や足の使い方のアドバイスをして体のバランスも改善するため再発しにくいと好評です。

間違ったセルフケアで悪化する前に、名古屋巻き爪フットケア専門院にお越しください。

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る