巻き爪治療のプレート法とは?メリットデメリットを解説!

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

歩くたびに強い痛みを感じる巻き爪。

 

巻き爪の痛みで悩みはじめたら、巻き爪治療といえばどんな治療法があって、どのような効果があって、どれくらいかかるのかなど気になりますよね。

 

巻き爪の治療方法はさまざまな方法があり、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

こちらでは、巻き爪治療のひとつである「プレート法」について、メリットとデメリットを解説いたします。

 

巻き爪の特徴と原因

巻き爪は爪の角が内側に丸く曲がってしまい、爪が皮膚に食い込んでしまう病気で、足の親指に起こることが多いのですが、ほかの足指でも起こることもあります。

 

足指を使わない歩き方や、足指が使いにくくなる靴を履いている、深爪になる爪の切り方などが巻き爪の原因と考えられています。

 

爪には丸まる性質があり、足の指を使って歩くと地面からの圧力が爪にかかることで、適度なカーブがある爪になります。

 

なので、足指を使わずに爪に圧力がかからない状態が続くと、爪が内側に巻いてしまうのです。

 

膝が内側に膝が入る歩き方も、横から親指に過剰な力が加わってしまい、巻き爪につながってしまいます。

 

さらに、巻き爪の痛みが強くなると、痛みをかばって姿勢や歩き方が悪くなり、指だけではなく足首や膝、腰の痛みにもつながることもあります。

 

痛みがひどくなる前に、早めに専門家に相談すしながら、巻き爪対策をはじめることをおすすめいたします。

 

巻き爪の治療方法はさまざま

巻き爪(陥入爪)の治療法には、「手術療法」と「保存療法」があります。

 

たとえば、手術療法には、

・アクリルチューブを爪と肉芽の間に挿入して、コーティング剤を使って爪に固定するアクリルガター法

 

・爪が生えてくる爪の根元にある爪母(そうぼ)を切除する爪母全切除法

 

・フェノールという薬品を使って巻き込んでいる爪が生えてこないように爪母(そうぼ)を部分的に殺すというフェノール法

 

などがあります。

 

保存療法には、

・伸びた爪にドリルで穴を開け、そこからマチワイヤーを通して医療用接着剤で固定するマチワイヤー法

 

・爪の端にワイヤーをかけ、中央で巻き上げて固定するタイプのVHO法

 

などがあり、こちらで詳しく紹介するプレート法も含めて、さまざまな治療法があり、それぞれメリットデメリットがあります。

 

参考:

https://nagai-bsc.com/course/makizume/knowledge/2020/220/

参考:

https://www.nakajimaclinic.com/news/topics/outpatient-service/191211115600/

 

巻き爪治療のプレート法について

巻き爪治療のプレート法は、記憶形状合金やグラスファイバー製のプレートを医療用樹脂で爪に固定して、プレートがまっすぐになろうとする力を使って巻き爪を矯正する方法です。

 

爪にプレートを貼るので爪の根元から矯正することが可能な治療法で、爪が短い状態や皮膚に爪が食い込んでいても処置が可能です。

 

参考:http://homepage-style.net/makizume/plate.html

 

プレート法のメリット

プレート法は爪が短くても処置が可能で、穴が開いている点ではなく、プレートの面で力が加わるので爪の根元から矯正ができ、軽度から中度の巻き爪治療に効果的です。

 

爪に穴を開けたり、切除したりする必要がないので、体への負担が軽く、治療の痛みを伴わない方法です。

 

約10分程度の治療で即効性があり、プレートを着けた直後から痛みが引いてくることが多いです。

 

プレート法のデメリット

プレート法はワイヤー法と似ている矯正法ですが、効果としてはワイヤー法と比べると強制力は弱いことが多いようです。

 

巻き具合が軽く薄い爪には効果が出やすいのですが、重度の巻き爪には矯正力が足りないといわれます。

 

また、プレートを接着剤で爪に貼るので、時間が経つと接着力が弱くなってプレートが剥がれてしまうことがあり、接着し直す必要があります。

 

プレート法の費用の目安について

保険診療が受けられる病院を受診しても、保険適用される治療もあれば保険がきかない治療もあります。

 

巻き爪治療は、爪母全切除法やフェノール法などの手術は保険適用されますが、治療に痛みを伴ったり、治療期間が長くなるなどのデメリットがあります。

 

プレート法は保険がきかない治療法のひとつで、費用はプレート1枚4,000円ほどで、処置料が8,000円ほどかかります。

 

1ヶ月に1度は通院の必要があり、完治までに長くて1年ほどがかかることもあります。

 

自由診療の料金は各専門院で料金が異なるので、事前に問い合わせてみることもひとつの方法です。

 

まとめ

巻き爪のさまざまな治療法のひとつであるプレート法は、ワイヤー法より効果が弱いといわれていますが、爪が短かい状態でも可能な治療法なので、軽度から中度の巻き爪であれば検討してみてはいかがでしょうか。

 

巻き爪は進行するほど矯正に時間がかかってしまい、治療費も高くなってしまうので、早めに対策をはじめることが、費用を抑えることにつながります。

 

それぞれの治療法にはメリットとデメリットがありますので、専門家に相談することで自分の巻き爪の状態にあった治療法を選べて安心できますね。

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る