巻き爪矯正とは?種類やそれぞれの特徴について

ブログ

巻き爪を「たかが足の爪のトラブル」と軽く考えている方は多いですよね。

 

しかし、巻き爪を放っておくと痛みが強くなったり炎症を起こしたりすることもあるので要注意。ひどくなってからでは改善にも時間がかかりますので、早め対策が重要です。

 

そこで今回は、巻き爪矯正についてご紹介します。

 

矯正の種類や特徴についても解説しますので、巻き爪で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

巻き爪とは?

巻き爪とは、そもそもどのような状態のものなのでしょうか?

 

巻き爪とは、爪の両端が内側に巻いてしまう爪のトラブル主に足の親指にみられます

 

の状態には個人差が大きく、弱く巻いている程度のものもあれば、爪とは思えないほど丸まってしまうこともあります。

 

痛みがないケースもあれば、歩けないほどの痛みがあるケースなど、症状はまちまちです。

 

爪の両側が皮膚に食い込んでしまと「陥入爪」になり炎症を起こして化膿したり、肉芽ができたりすることもあり、痛みも強くなります。

 

中には手術が必要になるケースもあるので、早めに対処することが大切です。

 

参考:http://www.rio-hifuka.com/medical/tsume/

 

巻き爪の原因について~貴方の日常習慣に当てはまりますか?~

巻き爪の原因には日常的な習慣が影響しているケースが少なくありません。

 

は内側に丸まろうとする性質がありますが、立ったり歩いたりする動作下からの圧力が加わるため、平らな状態を保てています。

 

しかし、日常習慣の中にこの圧力バランスを崩す要素があると巻き爪になります

 

貴方には巻き爪の原因となる日常の習慣はありませんか

 

当てはまるものはないかチェックしてみてください。

 

足に合わない靴を履いている

足に合わない靴日常的に履いてると、巻き爪になる可能性があります。

 

小さめの靴つま先が圧迫され、大きめの靴は歩くとき靴の中で足が不安定になります。

 

ハイヒールを履くと足が前方に滑、足の指に体重がかかります。

 

先が細いパンプスなどもつま先が圧迫されてしまうため、巻き爪になりやすくなるようです。

 

・深爪をしてしまう

ついつい深爪をしてしまう方は要注意です。

 

爪を短く切りすぎると、巻き爪になりやすくなってしまいます。

 

爪の角は丸くカットせず、先端の角は整える程度にしておきましょう。

 

・ほとんど歩かない

ほとんど歩かない方、高齢の方や寝たきりの方などは、巻き爪になることが多いといわれています。

 

足の指に下からの力が加わらないため、くなろうとする力のが強くなり、巻き爪になるのです。

 

巻き爪矯正は少しずつ爪をフラットに近づける方法

巻き爪矯正とは、巻いてしまった少しずつフラットな状態へと近づける方法です。

 

専用のワイヤーなどを使い、少しずつ爪本来の形に戻していきます。

 

いくつかの方法がありますが、巻き爪矯正を行うと痛みが和らぐため、痛くてつらい方におすすめです。

 

参考:https://www.hadatotsume.com/wire/

 

巻き爪の矯正は効果があるの?

巻き爪矯正は、巻き爪の改善に効果があるのでしょうか?

 

どのような巻き爪でも矯正できるとはいませんが、適切な方法で矯正すれば、ある程度の効果はあるといえるでしょう。

 

しかし、軽度であっても数か月、中度以上の場合は1年~2年という長い期間を要することもあります。

 

爪の状態や爪の厚さによっても、適した矯正方法は異なり、症状がひどくなればなるほど、平らな状態に戻すことが難しくなります。

 

悪化しないうちに対処するようにしましょう。

 

巻き爪矯正法として有名な方法

巻き爪の矯正法として知られている方法をご紹介しましょう。

 

どの方法が適しているかは、爪の状態によって変わりますので、専門家に相談して決めると良いですね。

 

炎症が起きていたり、化膿していたりするような場合は、医療機関

 

爪白癬(爪水虫)がある場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

巻き爪矯正1:ワイヤー矯正

巻き爪矯正で有名な方法の1つ目は、ワイヤー矯正です。

 

爪の左右の先端に穴を開け、超弾性のワイヤーを装着して矯正する方法です。

 

装着後は、1~2か月に1度ワイヤーを取り替えながら経過をみます。

 

爪の状態によって期間は変わりますが、早くても数か月、2年以上かかることもあるようです。

 

参考:

https://chiharu-hifuka.com/hiroo/nayami/ingrown_nail.html

参考:

http://www.ikumeikai.tokyo/himawari/hmwr_faq/hmwr_nail

 

巻き爪矯正2:クリップ法

巻き爪の矯正で有名な方法の2つ目は、クリップ法と呼ばれるものです。

 

爪の先端に形状記憶の合金クリップを装着して矯正します。

 

比較的簡単に装着できるのが特徴で、容易に取り外すことも可能です。

 

市販されているものもあるようです。

 

巻き爪矯正3:VHO法

巻き爪矯正で有名な方法の3つ目はVHO法です。

 

VHO法もワイヤーを使いますが、一般的なワイヤー矯正とは異なり、特殊な形のワイヤーを爪の両脇にある溝に引っ掛ける方法です。

 

爪の先端に付けずにサイドの溝に引っ掛けるため、深爪の方でも矯正することが可能です。

 

巻き爪矯正をとしてはポピュラーな方法のようです。

 

参考:https://www.vho.jp/column/04.html

 

すぐに矯正を始めるために爪は伸ばしておこう

すぐに矯正を始めたいのであれば、爪は伸ばしておくことをおすすめします。

 

上記でご紹介したワイヤー矯正やクリップ法は、爪の先端に装着するタイプのもの

 

爪が伸びていないと装着ができず、深爪の方などはすぐに矯正が始められないケースもあります。

 

巻き爪矯正をする前は、爪を伸ばしておと良いでしょう。

 

巻き爪矯正グッズも販売されているがやはり専門院に行くべき

巻き爪を矯正するためのグッズもいろいろ販売されています。

 

軽度の巻き爪であれば、テーピングでも痛みが和らぐこともあります

 

しかし、が強いタイプのものや爪が硬い場合などは、市販のグッズで矯正するのは難しいかもしれません。

 

また、ワイヤー矯正などは技術を要するものなので、やはり専門院に行く方が良いでしょう。

 

まとめ

巻き爪は矯正することで、爪本来の形に近づけることが可能です。

 

矯正方法といってワイヤー矯正やクリップ法、VHO法などいろいろなやり方がありますので、変形が進んでいる場合でも、時間をかけて矯正すれば改善が期待できます。

 

しかし、爪の状態をみてみないと最適な矯正法の判断ができません。

 

爪の変形が進むに、早めに専門院に行くことをおすすめします。