プロが教える!巻き爪のセルフケア方法について

セルフケア
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

巻き爪は放置しておくと進行して、靴が履きにくくなったり痛みが生じたりするようになります。

 

爪切りも難しくなるし見た目の問題もあるし、早めに対処して巻き爪を治してしまうのが一番です。

 

でも時間がなかったり「巻き爪ぐらいで」と思ってしまったりして、なかなか病院に行けずにそのままにしていませんか?

 

この記事では自分でできる、巻き爪のセルフケア方法をお伝えします。

 

悪化を防いで改善が期待できる方法をご紹介するので、ぜひ参考にして下さいね。

 

巻き爪はなぜ起こる?原因は?

そもそも巻き爪は何が原因で起こるのでしょうか?

 

まず考えられるのが爪の切り方で、多くの人が正しく爪切りができていないことから巻き爪を引き起こしています。

 

爪は爪そのものの持つ内側に巻き込もうという力と、指の肉による広げる力のバランスにより、正常な形が保たれています。

 

しかし正しい爪切りが行われないと均衡が崩れ、巻き爪になります。

 

また足に過度の負担をかけることも巻き爪の原因になり、具体的なものには間違った歩き方、合わない靴、太りすぎなどがあります。

 

女性は巻き爪になりやすい?

巻き爪は性別に関係なく起こる足の異常ですが、男性でも悩んでいる人はたくさんいます。

 

しかし女性の方がデザイン重視でつま先が尖っていたり甲がホールドされていなくて不安定だったりする靴を無理して履くことが多いことから、巻き爪になりやすいとされています。

 

女性は男性に比べて筋力が弱く、足にかかる負担に耐える力も弱いことも巻き爪になりやすい原因の1つ。

 

男性に比べるとどうしても女性の方が足に強いた負担が、ダメージとなって変形を引き起こしやすくなっています。

 

参考:https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK20027_Q3A520C1000000/

 

巻き爪のセルフケア方法について

巻き爪の進行を防いで、改善が見込めるセルフケア方法をご紹介します。

 

巻き爪のセルフケア方法1:コットン

コットンを爪の両端の、爪と肉の間に詰めると巻き爪の改善効果が見込めます。

 

柔らかいコットンをクッションとして利用することで、爪が食い込んで痛みがある場合の苦痛緩和にも効果的なセルフケア方法です。

 

参考:https://beauty.epark.jp/hair/article/bc-37/mc-114/sc-116/writing-002137/

 

巻き爪のセルフケア方法2:巻き爪対策アイテム

テープやワイヤー、クリップ、サポーターといった巻き爪対策アイテムも、セルフケアの力強い味方です。

 

爪を正常な形状になるように矯正して固定することで、巻き爪改善を図ります。

 

参考:https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E5%B7%BB%E3%81%8D+%E7%88%AA+%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA/

参考:

https://my-best.com/2085

 

巻き爪のセルフケア方法3:靴や歩き方を見直す

普段履いている靴や歩き方を見直し、足に合う靴に変えたり正しい歩き方を身につけたりすることも巻き爪改善のセルフケア方法の1つ。

 

靴を履き心地を無視して形のきれいさだけにこだわって選んだり、サイズが合わないのにも関わらず無理して履いたりしていると巻き爪の原因になります。

 

巻き爪を引き起こす靴を履いていないかチェックし、自分に合う靴・無理のない靴に代えると巻き爪改善が目指せます。

 

また巻き爪予防には正しい歩き方を身につけて、歩行の際に足にかかる負担を軽減することも大切です。

 

間違った歩き方で足に過度の負荷をかけ続けていると、巻き爪は進行して痛みなどの症状は悪化します。

 

かかと側からつま先側へと重心を移動させる正しい歩き方を身につけると、巻き爪改善が期待できます。

 

巻き爪のセルフケア方法4:正しい爪切り

靴選びや歩き方と並んで正しく行わないと巻き爪になってしまうことに、爪切りがあります。

 

爪切りは意識せずに正しくない切り方が身についてしまっていることも多いので、きちんと正しい切り方を実践することで巻き爪改善が期待できます。

 

切りすぎに注意して適度な長さで切りそろえ、深爪にはならないようにしましょう。

 

爪の両端を丸めるラウンドカットも巻き爪の原因になるため、横まっすぐに切るスクエアカットにすることにも気をつけて下さいね。

 

参考:https://nagai-bsc.com/course/makizume/knowledge/2020/159/

 

やはり専門院に行くのが一番!名古屋巻き爪フットケア専門院にご相談を!

巻き爪には紹介したように色々なセルフケア方法があり、これらの方法により自分で改善を図ることが可能です。

 

合う方法を見つけて正しく実践することで、病院に行かなくてもつらい巻き爪を治すこともすくなくありません。

 

しかし、自分一人で行う巻き爪改善には「難しい」や「時間がかかる」といった問題点もあることに要注意。

 

コットンパッキンにしてもどんなコットンを、どのぐらいの量を詰めれば良いのか、といった疑問点が出てきますよね。

 

対策アイテムも種類があり過ぎて、どれを選んだら良いのか、悩むと思います。

 

巻き爪をきちんと改善するためには、やはり病院、あるいは専門院に行くことをおすすめします。

 

名古屋巻き爪フットケア専門院は巻き爪や外反母趾といった足の異常に特化した専門院で、豊富な実績を持ち、安心して巻き爪改善を任せることができますよ。

 

痛くない施術で怖さや不安も不要なので、相談に訪れてみることをおすすめします。

 

まとめ

巻き爪は正しくない爪切りや足への負担のかけすぎなどが原因で起こり、進行すると痛みが生じるなどの日常生活に支障が出るようになります。

 

セルフケアでの改善が期待できるので、さっそく取り組みましょう。

 

一人で行う巻き爪改善が不安な場合、やはり専門家に相談したい場合は、名古屋巻き爪フットケア専門院への来院をおすすめします。

 

痛くない施術で巻き爪をしっかりと対処してくれますよ。

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る