深爪予防について

セルフケア
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

こんにちは、巻き爪の施術を行なっている名古屋フットケア専門院です。

今回は、深爪予防についてご紹介します。最後まで是非、読んでみてください。

皆さんは、爪を切るときはどこから切りますか?
爪の端から切り始めて、端で切り終わる方が多いのではないでしょうか。

もちろん、これが間違った切り方ではありませんが、一方、間違えると深爪から巻き爪に悪化する恐れがあります。

それは、爪の端を切りすぎてしまうことです。
爪は、爪の端を切り過ぎず足の肉からはみ出した部分だけを切ることで、正常な爪を保つことができます。

もし、爪を深く切りすぎてしまった方はそれ以上切らずに、爪が伸びた際に正しい切り方で、深爪と巻き爪に注意しましょう。

『インベントプラスとは?』

当院では、様々な症状で巻き爪になってしまった方をワイヤーを使ったインベントプラスという施術で、巻き爪を正常な爪に戻す施術を行なっております。

インベントプラスは、あらゆる症状の爪にも対処可能で、爪の端から端にワイヤーを取り付け、爪を矯正しながら施術するものです。

施術は、短時間で数回繰り返し、約半年間の施術から効果を確認することができます。

多くの人は、ワイヤーで施術だと足やあるいは爪に穴を開けて固定するのか、と思っていらっしゃるようですが、それは、全くの誤解です。

ワイヤーで爪を矯正する際はただ、爪の端から端にワイヤーを取り付けて、時間をかけて正常な爪に戻すため、むしろ痛みのなく安心して施術することができます。

手術宣告された方や痛い施術が苦手な方には、インベントプラスはオススメです!巻き爪は、決して治せない症状ではありません。

もし、今現在巻き爪でお悩みの方は是非、ご相談ください。それでは!

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る