巻き爪にならない歩き方とは?

ブログ

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、巻き爪にならないための
歩き方についてご紹介します。

巻き爪で悩んでいる方々から

特に質問されることがあります。
それが、巻き爪になってからの歩き方です。
理由は、爪が足の皮膚に刺さり、痛いからです。

多くの方は、絆創膏やテーピングなどで固定して
痛みを軽減しているかと思います。
しかし、巻き爪になる以前に注意しておかなければ
ならないことが、「歩き方」です。

正しくない歩き方をしている場合、片方の足に体重が
かかってしまい、足の痛みや身体的な疲労や健康を
害することになります。

また、日頃からハイヒールや靴のサイズが小さいまたは
大きいなど、合っていない場合なども爪先に大きな負担を
与えてしまい、巻き爪になってしまう恐れがあります。
だから、歩き方を意識して見直す必要があります。

『巻き爪にならない歩き方』

この正しい歩き方をトレーニングするには
本や新聞紙、雑誌でも構いません。
頭の上に物を置いて、落とさないように歩くだけで
歩き方の矯正ができます。

背筋の伸ばし、目先は真っ直ぐ正面を向き
お腹に力を少し入れ、重心をかかとにかけていることを
意識して歩くトレーニングで巻き爪にならない歩き方を
マスターしましょう!鏡をみながら練習することもオススメです!

また、歩き方だけではなく
巻き爪にならないようにするためには
足の爪を小まめに切ることや、靴のサイズは
適したものを履くなどの工夫も必要です。

もし、上記のような対策をしている方で
巻き爪になってしまった方は、悪化する前にご相談ください。

巻き爪は、インベントプラスという施術で
爪の端にワイヤーをひっかけて爪を矯正して
正常な爪に戻します。

痛みもなく、短時間で巻き爪を矯正するため
手術をする必要がありません。
巻き爪にお悩みの方は、是非ご相談ください。

それでは!