深爪にすると巻き爪になりやすい?

ブログ

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、まだ高校生で若くして巻き爪になってしまった
10代女性のUさんについて、ご紹介します。

Uさんは、運動することが好きで
中学から続けていたバレーボールを
高校でもしていましたが、巻き爪の影響で
休部してしまうことになったそうです。

是非、最後まで読んでみてください。

10代女性のUさん

子供の頃から、バレーが好きで
将来はバレーボール選手になることが
夢で、高校でもバレーを続けていました。

巻き爪になったのは、ちょうどレギュラーが
決まった時期から足が痛くて、痛みを我慢して
バレーをしていたのですが、とうとう我慢ができずに
母に相談してみました。

母は、深爪してるからじゃないかと
言われましたが、私はそうは思わなくて
この痛みをどうにかしたいと思い、母と一緒に
病院に行って、診てもらいました。

診察で、深爪しすぎて巻き爪になっている
言われてしまい、治すには手術をするか巻き爪の
専門院に相談するしかないと言われました。

手術は、嫌だったので母と調べて
こちらを知り、ワイヤーを爪の端につけて
爪を矯正する施術をうけました。

カウンセリングときに、手術みたいに痛いことは
嫌なんだと、先生に伝えましたがワイヤーで爪を
矯正してもとに戻していくから痛くないよと
笑って安心させてくれました。

施術は、短時間で終わったけど
バレーは少し控えてと言われました。

休部という形で3か月以上もバレーができないことは
苦しかったのですが、無事に巻き爪が治って
今は、バレーができなかった時間を取り戻すために
がんばってます!先生ありがとうございました。

今後は、爪にも気にかけるようにして
巻き爪にならないようにしたいです!

『まとめ』

Uさん、ありがとうございます。

運動するために、爪が長いと怪我をしてしまうと
思い込んで、爪を深く切ってしまう人が多いそうです。

深爪は、巻き爪になりやすい原因の一つでもあります。
正しい爪の切り方を心がけましょう。

また、巻き爪は治すことができます。
インベントプラスなら、痛みもなく短時間の施術で
ワイヤーを爪の端と端にひっかけて、爪を正常な形に
戻すために、矯正をして対策することができます。

是非、一人で悩まずご相談ください。
それでは!