遺伝による巻き爪について

ブログ

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、遺伝により巻き爪になってしまった
10代男性のYさんについてご紹介します。

Yさんのお母様が、以前こちらで
施術を受けておりましたが今回は、Yさん自身が
巻き爪で施術を受けることになりました。

遺伝による巻き爪になる傾向は、少なくありません。
是非、最後まで読んでみてください。

『10代男性のYさん』

母が、巻き爪の施術を受けていたのは
知っていたのですが、まさか自分も巻き爪になるなんて
考えもしませんでした。

もともと、運動が苦手で家で本を読んでいることが
多かったのですが、こちらで診断していただいて
遺伝によるものと、運動不足による2つの症状が
原因だと分かりました。

母が、こちらで施術を受けていたこともあり
自分もこちらで、ワイヤーを使った
爪の矯正をしていただきました。

最初は、ワイヤーで施術することに抵抗があって
足にドリルで穴を開けて、縫いつけられるのかと思いました。

しかし、痛い思いをするのかというのは
自分の勘違いで、実際は爪の両端にワイヤーを引っかけて
巻き取ることが目的で、爪を元に戻す施術でした。

結果的に、手術することなく
爪を元の健康な爪に戻すことができました。
痛みもなく、治せる施術も世の中にはあるんだなと
先生にも本当に感謝してます。

今となっては、運動不足も改善しようと思って
少しずつですが、ウォーキングをはじめました。
これからも適度な運動と爪のケアには目を向けて
巻き爪予防をしていきたいと思います。

『まとめ』

Yさん、有難うございました。

遺伝は、どうしても回避できないものですが
絶対に治せないということではありません。

巻き爪は、例え遺伝であっても
インベントプラスで正常な爪を取り戻すことができます。
もし、ご家族で巻き爪の症状が発覚した際は
早期発見のためにも、是非ご相談ください。

それでは!