日常的に巻き爪にならないようにする予防とおすすめの対策

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている名古屋フットケア専門院です!

巻き爪とはその名の通り爪が内側に巻いた状態のことを言います。

生まれつき爪が柔らかくてなりやすいタイプの人もいれば、日常生活の中で無意識に巻き爪になる原因を作っている人もいるので注意が必要です。

そこで今回は、巻き爪にならないようにするための予防策や、すでに悩んでいる人におすすめの巻き爪の対策についてご紹介します。

『巻き爪予防に効果的な靴選びや専門院で受けられるケア』

日常生活の中で最も巻き爪になりやすいとされるのが間違った靴選びです。

自分に合わない靴を我慢して履き続けることは、足への負担を大きくさせてしまいます。

新しい靴を購入する時は、自分の足のサイズと同じであっても実際に履いてみて幅と長さを確認することが大切です。

履く時は靴とつま先に若干の余裕を持たせて靴紐できつく締め付けないことが巻き爪の対策になります。

爪を切る時も深爪をしないように白い部分を残したり、角をやすりで磨くといったやり方で予防することが可能です。

すでに巻き爪で悩んでいるといった人は、巻き爪専門院で施術してもらう方法がおすすめになります。

施術といっても切ったりするようなことはなく、専門の道具を使用して自然な爪の形に矯正していくこともできるため痛みがないことがほとんどです。

症状によって費用は異なりますが、保険が適用されるケースもあるのでリーズナブルな値段で施術が受けられます。

『まとめ』

巻き爪は初期の症状であれば日常生活に支障をきたすこともないので軽視してしまう人も少なくありません。

しかし、症状が進むと痛みを伴って生活に影響を及ぼすこともあるため、しっかりと巻き爪の対策や予防をすることが大切です。

もし巻き爪になってしまって違和感を持ち始めたら、早めに巻き爪専門院で施術を受けることが完治への近道と言えます。

お悩みの方はいつでもご相談ください。