巻き爪の原因を知れば改善できる

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている名古屋フットケア専門院です!

巻き爪に悩んでいても、どのような方法を取ればよいか分からないのではないでしょうか。

巻き爪を治すためには巻き爪の原因を知っておく必要があります。

巻き爪の原因が分かれば巻き爪にならない予防方法が分かりますし、巻き爪になってしまっていても改善するための手段を知ることができます。

巻き爪の原因を知って巻き爪を克服してしまいましょう。

『巻き爪の原因は5つある』

巻き爪の原因は大きく分けて5つあります。1つ目は遺伝です。

太りやすい体質と太りにくい体質があるように、巻き爪にもなりやすい爪となりにくい爪があります。

自分の親が巻き爪である場合は気を付けた方がよいでしょう。

2つ目が加齢です。加齢によって爪が乾燥しやすくなります。

爪が乾燥すると爪自体が縮みやすいので、爪の下層を巻き込んで巻き爪になってしまいます。

3つ目は爪の切り方です。

爪の切り方は深爪が原因と言えます。

深く切りすぎることで爪が食い込んで巻き爪になります。4つ目が靴の形です。

これは女性に多いでしょう。

ヒールやパンプスのような先端が尖った靴を履いていると巻き爪の原因に繋がります。

5つ目はスポーツや運動です。

サッカーやダンスのようなつま先に負荷がかかるスポーツや運動が巻き爪を引き起こしています。

『まとめ』

5つの巻き爪の原因の中で遺伝と加齢は自分での対策が難しいものとなっています。

遺伝や加齢は自分の行動に関係なく巻き爪を発症してしまう可能性があるからです。

この2つは病院で施術する方が良いでしょう。

遺伝や加齢で起きる巻き爪は重度になりやすいものですから、病院の中でも巻き爪専門院がオススメです。

ワイヤー施術も行ってもらえるので、重度の巻き爪でも施術できます。