赤ちゃんでも巻き爪の危険が!

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

こんにちは。巻き爪施術を行なっている、名古屋フットケア専門院です。

今回は、2歳の乳児の女の子のについて紹介していきたいと思います。

相談に来られたのは、40代女性Oさん母親からでした。

子供は女の子だから、見た目も良くない。先の事が心配で相談に来られました。
同じ共感を覚えた方は是非読んでください!

『40代女性Oさん、2歳乳児の母親の声』

初めまして、私は2歳の女の子がいます。

その子供が、6ヶ月の時に爪切りをしてる時に気づいたのですが、足の親指が巻き爪になっていたんです。

私はほっておいたらいけないと思い、病院へ連れていき、爪を剥いだのですが、また同じ形で生えてきてしまい、悩んでいました。

どうにかして爪をまっすぐになる方法はないかと探していた時に、ウェブサイトでこちらのブログを拝見しました。

痛みもなく、爪を剥がすことのないと書いていたので、子供が痛まないならそれに越したことはないと、すがる思いで相談に行きました。

そこでインベントプラスによる、ワイヤー施術を受けることにしました。

施術は無理に立ち会わせてもらい、見ていたのですが、一度も泣かずに、施術は終わり、爪も平らになっていました。

これで、もう可哀想な思いはさせなくて済むと思うと安心です。

本当にここにきて良かったです。ありがとうございました。

『まとめ』

Oさんありがとうございました!

赤ちゃんの爪でも、体質的に巻き爪になる可能性はあります。

赤ちゃんの巻き爪は、特別な施術はせず、爪の切り方を変えるだけで改善するケースは多いようです。

あとは正しい靴選びですね。圧迫させる靴はダメですよ!

Oさんのお子さんのように、施術が必要となった場合でも、初期であれば痛みが出る事もありません。

可愛い赤ちゃんの笑顔を守る為にも、早めの対策ですね!

これからも巻き爪でお悩みの人たちの為にも、色々な事例を紹介していきます。それでは!

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る