巻き爪にならない爪の切り方とは?

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行なっている、名古屋フットケア専門院です!

今回は巻き爪にお悩みの方のために、
正しい爪の切り方を紹介したいと思います!

是非読んでくださいね。

巻き爪は主に負担をかける
足の親指に出てくることが多いのです。

爪のお手入れ方法によっては、
他の爪にも出てくることがあります。

正しいケアの仕方をしていないと、知らず識らずのうちに

巻き爪予備軍になる事もありますので、

日頃から気にしながらケアをしていきましょう!

巻き爪の主な原因。

①爪の切り方が悪い
②履いている靴による圧迫
③加齢によるもの
④運動、スポーツによる過重
⑤生まれつき

これだと、誰にでも影響が及びそうな原因ばかりです。

巻き爪は、症状が発症してからは治すまでが大変です。

そうなる前に、予防をしましょう!

巻き爪予防には、爪の切り方が重要です!

『切り方のポイント』

角を残して爪を横に真っ直ぐ切る!
【スクウェアカット】
指の先端と爪が同じ長さになるぐらいが丁度いいです。

角を切り【深爪】すぎると、
本来爪の持つ力、内側へどんどん巻いていくようになり、
巻き爪の進行を早めます!

切った後は必ずヤスリで整えましょう。

伸びてきた時に、【突き刺さり】【爪割れ】
を回避しやすくする為です!

こういった、些細なポイントから
巻き爪にならないケアの仕方は沢山ありますので、

日頃から気にしていきましょう!

『まとめ』

しかし、巻き爪への原因は他にも沢山あります。

もう巻き爪になっている。
今なっていないけど、心配。

そういった心境の方は沢山いると思います。

日頃のケアも大切ですが、自分では対処できなくなれば、
専門の医療機関に早めの相談がおすすめです!

これからも巻き爪にお悩みの人たちの為にも
ケア方法も紹介していきます!

それでは!