ヒールばかり履いていると巻き爪の危険が?

ブログ

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、30代女性のHさんについてご紹介します。
Hさんは、爪が伸びるのが早く体質的なもので
巻き爪になってしまい、歩くことが辛くなったそうです。
是非、最後まで読んでみてください。

『30代女性のHさん』

この歳で巻き爪になってしまったことは
私自身ひどく落ち込む症状でした。

巻き爪に気がついたのは、爪がカール上に
巻いているようにみえはじめて、次第に
爪の端が腫れて痛くなったことから
これはおかしいとネットで調べたところ
巻き爪だと発覚しました。

確信はなかったのですが、こちらの情報を知り
カウンセリングで、巻き爪なのだと、はっきりと
分かりました。

もともと運動不足ヒールパンプスばかり
履いていたこともあって、巻き爪が
悪化してしまったようでした。

こちらでインベントプラスという施術を受けて
爪をもとの正常な形に戻すことができました。

はじめは、ワイヤーを使うということから
凄く痛い施術なのだと覚悟していたのですが
爪の端にワイヤーを固定して、時間をかけて
爪を矯正するものでした。

半年ほど時間はかかりましたが
もとの爪の形に戻って本当によかったです。
今後は、靴や爪の切り方、ケア方法などにも
気をつけたいと思います。

『まとめ』

Hさん、ありがとうございました。

Hさんのように、いわゆる遺伝的な体質
爪の形状が変わってしまう方も多く
ヒールやパンプスなどを長時間履くことで
巻き爪になる確率は、高くなります。

巻き爪は、爪の切り方健康的な靴を履くことで
予防することができます。

もし、Hさんのように体質で巻き爪の症状がみえる方は
当院に、お気軽にご相談ください。
早期発見で、巻き爪を改善しましょう!

それでは!