巻き爪予防には、爪の切り方も大事!

ブログ

こんにちは、巻き爪の施術を行っている名古屋フットケア専門院です。

今回は、20代男性のEさんについてご紹介します。
Eさんは、幼い頃から母親に爪を伸ばしすぎないように
教育されていたようで、深爪になりがちでした。

社会人になり、革靴で営業をするようになってから
巻き爪の症状が発覚したそうです。
是非、最後まで読んでみてください。

『20代男性のEさん』

小さい頃から母親に爪を伸ばすのは相手を
傷つけるかもしれなし、不潔なので徹底して切るように
教育されていました。

そのため、爪を毎回切るのが鬱陶しく
ついつい深く爪を切ってしまうことが多かったです。

仕事をするようになってからは、寝ること優先に
なってしまって、爪を切ることも頻繁ではなくなり
気がついたときには、爪が内側に圧縮するように
形を変えていました。

歩くときに、革靴の指先にコツコツ当たるような
痛みがあり、このままじゃ歩けなくなるかもと思って
ネットで調べて、こちらを知りました。

インベントプラスというワイヤーで巻き爪を
改善する施術を受けて、半年ほどかかりましたが
もとの形に戻ってよかったと思っています。

痛くもなかったし、先生も爪の切り方を丁寧に
教えてくださって、こちらで施術を受けてよかったと
思いました。ありがとうございました。

『まとめ』

Eさん、ありがとうございました。

爪の切り方ひとつで巻き爪になりにくい健康的な
爪を維持することができます。

Eさんの場合は、幼少から爪の切り方があまり
正しくなかったため、次第に巻き爪に
なってしまったと推測しています。

今現在、爪の端を深く切りすぎている方
面倒で伸ばし続けてしまっている方
巻き爪になってしまう恐れがありますので
適度に爪を切って、巻き爪を予防しましょう。

また、巻き爪の症状が現れた方は
悪化する前に、是非ご相談ください。

それでは!