あなたの爪は大丈夫ですか?

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

はじめまして、巻き爪施術を名古屋フットケア専門院です。
巻き爪で悩んだことがある方のために、ブログをはじめました。

皆さんの爪は、大丈夫ですか?
巻き爪とは、爪の橋がクルッと巻いてしまい
肉に食い込んでしまう現象です。

巻き爪を放置してしまうと、炎症や激痛に襲われ
歩くことが困難になります。

今回は、巻き爪について皆さんに知っていただく為に
巻き爪の種類についてご説明いたします。
巻き爪には、大きく分けて2つのタイプがございます。

◆1つめ:陥入爪(かんにゅうそう)
爪の橋が指の肉に深く食い込んだ症状のこと。
爪が徐々に指の肉に食い込んでしまい
悪化すると、炎症や化膿を起こし、痛みが強くなります。

◆2つめ:湾曲爪(わんきょくそう)
爪全体が大きく湾曲して指の肉に食い込んだ症状のこと。
爪の形状がアルファベットの「C」型のように大きく円形に
変化するようになります。爪が切ることが困難になり
放置すると、外観が変化するに伴い、痛みが悪化します。

今回ご紹介するBさんは
この2つめの症状でした。
特に対処することもなく、放置していたため
毎日痛みに悩まされていたようです。

巻き爪の原因となったものが
履いているにありました。
履いている靴が、大きい場合や小さい場合だと
巻き爪になりやすい傾向があります。

Bさんは、圧迫されやすい靴を履いていたため
知らず知らずに、巻き爪になってしまったようです。

対策としては自分にフィットする柔らかい素材の靴を
履くことで巻き爪が、かなり軽減されいきます。

こうした日常生活から巻き爪対策をすることが大切です。
私も巻き爪予防として、歩きやすく指先を圧迫しないものを
選ぶようになりました。

しかしながら、それ以外にも巻き爪になる原因は
いくつも存在しております。
巻き爪かな?感じた瞬間から、早めの対処と
医療機関に相談することをおすすめします。

巻き爪は、治せます!
爪を健康な状態に戻すために、足への小まめな配慮と
早めの施術に心がけましょう!

それでは!

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る