巻き爪の影響と対策を体験談で紹介

ブログ

こんにちは!

愛知県名古屋市の名古屋巻き爪フットケア専門院です!

今回紹介するのは、長年巻き爪で悩んでいた名古屋市内在住の30代の女性Kさんの体験談です。

昔から深爪になることが多く、本人も原因を自覚していました。

さらに、巻き爪の影響で腰痛も抱えており、仕事にも影響を及ぼしていたようです。

同じ原因の巻き爪で悩みを抱えている方も多いと思います。

ぜひこれを参考に、ご自身の対策に生かしてみてくださいね。

『Kさんの声』

私は昔から爪をかんだり、ついつい短く切ってしまうクセがありました。

大人になっても治らず、気づけばいつも深爪の状態です。

それでもなんとか過ごしていましたが、ちょうど2年前頃から痛みを感じる頻度が多くなりました。

これまでに何度も膿むことはありましたが、半年に1回なるかならないかのレベルです。

ところが、外科で切ってもらっても、すぐにまた食い込んでしまいます。

外科の先生いわく、原因である巻き爪の症状が深刻で、それ自体を治した方が良いとアドバイスを受けたのです。

後日、インターネットで巻き爪の施術ができる病院を探していた時に、たまたまこの専門院を見つけました。

痛みがないワイヤーでの施術を勧めてもらい、今では爪が食い込む不安もなくなりました。

気づけば腰痛も消えていたので、それほど歩き方や姿勢にも悪影響を及ぼしていたようです。

あらゆる悩みを同時に解消することができ、本当に満足しています。

『まとめ』

Kさん、どうもありがとうございました。

Kさんのように爪を短く切ってしまうと、巻き爪の原因になりやすいだけでなく、爪が食い込んで化膿するリスクも高くなります。

さらに、女性の方はハイヒールの影響も受けやすいので、爪の切り過ぎには十分ご注意ください。

すでに巻き爪になってしまった方も、諦めることはありません。

ワイヤーでの施術のように痛みがない方法もあるので、まずは気軽に名古屋巻き爪フットケア専門院までご相談ください。