巻き爪にならないようにするための対策について

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フットケア専門院です!

巻き爪は、場合によっては歩くのも辛くなるような症状です。

そのため、巻き爪になりやすい人は特に日頃から巻き爪の対策をしておく事が大切です。

その対策はそれほど難しいものではありません。

完全に治す事は難しいかもしれませんが、ちょっとした工夫で巻き爪が進行するのを遅らせたり悪化を避けられる可能性があるので、試してみてください。

『効果的な巻き爪対策とは』

巻き爪の対策で効果的なのは、爪先を圧迫しない事です。

特に窮屈な靴を履くのを避けるのは簡単できる対策でしょう。

巻き爪は指の両サイドが圧迫されると起こりやすくなるため、できるだけ爪先が窮屈にならないようにしましょう。

もしもつま先に刺激や負担を与えるようなスポーツなどの趣味をお持ちなのであれば、それが巻き爪を悪化させているという事も考えられますので、適切な靴選びなどの対策が必要です。
また、爪を切り過ぎることも巻き爪になりやすいポイントです。

爪周りの皮膚が盛り上がり爪を包むような状態になると巻き爪が起こりやすくなりますので、爪を切る時には深爪を避けるようにし、丸く切るのではなくスクエアカットにする事をおすすめします。

『まとめ』

巻き爪の対策をおこなっていても、巻き爪が避けられない場合があります。

原因はさまざまで、それぞれの対策や対策が必要な場合もあるでしょう。

放っておくと正しい姿勢で歩く事ができなくなるだけでなく、その影響で肩こりなどが起こる場合もあるため、巻き爪に気が付いたらできるだけ早い対策をとる事をおすすめします。

ちょっとした変化であっても、ぜひ、名古屋巻き爪フットケア専門院にお気軽にご相談ください。