辛い巻き爪、その原因は?

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フットケア専門院です!

不快な痛みが続き、悪化すると歩くのも辛くなる巻き爪。

その原因にはいろいろな種類があります。

遺伝や加齢といったことも巻き爪の原因になります。

これらはなかなか自分で改善するのが難しいですが、実は普段の生活で、知らず知らずのうちに巻き爪になりやすい行動をしていることもあります。

改善には原因を知ることが一番、詳しく見ていきましょう。

『巻き爪の原因は爪の切りすぎ?』

巻き爪の原因で一番多いのが、爪の切り方です。

手の爪のようにサイド部分を短くカットしてしまうと、伸びる過程で丸まって肉に食い込んでしまいます。

深爪も爪が食い込む原因になります。

足の爪の理想的な長さは「指先と同じくらいの長さ」

サイドは食い込まないように滑らかに丸くしておきましょう。
女性の巻き爪で多いのが、パンプスやヒールと言った足に負担をかける靴が原因になるというケース。

先の細い靴は足の指を圧迫するので、外反母趾になりやすくなり、外反母趾になると巻き爪になってしまいます。

先に余裕があっても、ヒールがあるとつま先に体重がかかるので爪が圧迫され、やはり巻き爪の原因になります。

とはいえ、仕事で必要な場合でも、通勤にはスニーカーを使って履き替えるなどの対策を取りましょう。

『まとめ』

普段の生活を見直して巻き爪の原因を探すことは非常に大切です。

しかし症状が進むとセルフケアでは難しくなってくるので、病院や専門院に相談しましょう。

名古屋巻き爪フットケア専門院ではワイヤーによる矯正を行っています。

施術による痛みはないので安心です。

靴へのアドバイスも行っているので、是非一度相談してみてください。