巻き爪の原因は、大きく分けて遺伝と生活習慣があります

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フット専門院です!

巻き爪とは、文字通り爪が丸まった状態のことをいいます。

巻き爪と一口にいっても度合いは様々です。

軽度の場合はそこまで痛くはないですが、症状が進行していると痛みはその分増すので歩くのも一苦労です。

巻き爪の原因はいくつかあります。

そのため治すには、どうして巻き爪になってしまうのか原因を知ることが大切です。

『日常生活に潜む巻き爪の怖さ』

巻き爪の原因はいくつかあります。それは、遺伝・加齢・爪の形・靴の形・運動などです。

遺伝とは、爪の固さや形が遺伝するということです。

爪が固いと巻き爪になりやすいです。

爪は年齢とともに固くなります。

なぜかというと、水分が減っていくためです。

また、爪の切り方がよくないと巻き爪になりやすくなります。

短く切り過ぎていたり、両端を丸く切ったりしているとなりやすいです。

女性の場合はヒールを履くことがあるでしょう。

ヒールを履くと足先に負荷がかかります。

それにより、巻き爪になりやすくなるのです。

走って急に止まるような運動(テニスなど)も、爪先に負担がかかります。

このように、巻き爪になりやすい原因は日常生活にいくつも潜んでいます。

『まとめ』

巻き爪の原因は、遺伝性のものと生活習慣によるものに大きく分けられます。

生活習慣によるものは気をつけることが出来ますが、遺伝性のものは気をつけようとしても難しいでしょうし、仕事でどうしてもヒールを履かなくてはいけないこともあるでしょう。

また、年齢によって巻き爪になってしまうのは、自分でどうこうするのは大変です。

もし巻き爪に悩んでいるのなら、一度当院にご相談ください。