5つのタイプで説明!巻き爪の原因とは?

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フットケア専門院です!

巻き爪にお困りの方、巻き爪の原因はご存知ですか?

巻き爪で歩く度に痛みを感じ、日常生活に支障をきたす方もいらっしゃいます。

巻き爪にはさまざまな原因があり、それによってどのような施術をするのか変わってくるのです。

そこで、巻き爪の原因を5つに分けてご説明します。

悩んでいらっしゃる方は、是非、参考にしてみてください。

『タイプ別!巻き爪の原因』

巻き爪の原因は、遺伝、加齢、履いている靴、運動、爪の切り方の5つがあります。

遺伝では、なりやすい爪の形が遺伝するので、必ずなるわけではありません。

しかし、条件が揃うと可能性が高くなってしまいます。

加齢では、爪が乾燥して縮み、柔らかい部分を巻くことが原因です。

これは、爪に水分が行きづらくなって、硬くなることから起こります。

先の細い靴や尖った靴、合わない靴も注意が必要です。

常に指が窮屈な状態になっていると起こりますが、自分に合う靴を履くことで症状を和らげ、予防もできます。

走る、止まるの動作を繰り返すことで、足に圧が掛かる運動も巻き爪の原因です。

爪を切りすぎると深爪になりますが、これも巻き爪を引き起こしやすくなります。

『まとめ』

巻き爪の原因である5つのタイプについてご紹介しました。

小さなお子様から高齢者の方まで、巻き爪を引き起こす可能性があるので、日常生活での注意が必要です。

巻き爪になってしまったら、原因が何かを知ることで、適切な処置をすることができます。

巻き爪にお悩みの方は、名古屋巻き爪フットケア専門院にご相談ください。