巻き爪を我慢する前に必ずやって欲しいこと

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

巻き爪に悩んでいると、親指が痛くて歩きたくなく、仕事も私生活も辛くなってしまう。

そして、1度そのまま我慢して良くなった経験があるから、「今回も我慢してみよう!」と巻き爪を我慢するも、なかなか思うように巻き爪が回復せず、最後にたどり着くもんものが「病院」になってしまっていることが多い。

●巻き爪を我慢する前に必ずやって欲しいこと

今日は、「巻き爪を我慢する前に必ずやって欲しいこと」について書いていこうと思います。

ご挨拶が遅れました。愛知県名古屋市で痛みなしの1回の施術で巻き爪の痛みを和らげる、名古屋巻き爪フットケア専門院の鏡味です。

どうぞこの記事を最後まで読んでいってくださいね。

さて、巻き爪の痛みの限界を迎えてしまい、ネット上では

【巻き爪の場合は皮膚科や形成外科に!】なる記事がよく上がっていますが、それって本当にあなたに一番いい未来ですか?とボクはいつも聞きたくなります。

なぜなら、「本当は再発をしないぐらい巻き爪をよくしたい」はずだから。

でね、今日ボクがこのテーマの記事を書こうと思ったのは、僕が施術を担当している巻き爪で悩まれている方で、「病院行っても繰り返す巻き爪」で衝撃的なストーリーを持っていて、来院されているJさんがそろそろ通院卒になりそうなので、Jさんの体験談を書いていこうと思います。

※ノンフィクションです。
※いつもノンフィクションですが、こんな衝撃でもノンフィクションです。

●Jさんは岐阜県に在住の36歳の女性

一目見ただけで伝わる優しいお母さんという感じのJさん。

昼間はパートに出ていて、夕方は子供が帰ってくるかた家にいないといけないからなかなか自分の時間が作れないんだって。

パートも立ち仕事が多く。
靴もお店で指定があるから、どうしても同じ靴を履かないといけないみたいなんだ。

で、巻き爪の発端は、高校生にさかのぼる、、、
高校の時のローファーが合わなかったのか、高校生の時に初めて巻き爪を経験した。

ひどい時はパンパンに腫れてグジュグジュに膿んでしまったんだ。
最初は我慢してた見たいなんだけど、いっこうによくならないから、Jさんは「病院」にいくことにしたそうです。

すると先生に、

先生「切っちゃった方がいいね~。麻酔する??」

Jさん「お願いします。。。」

→→→施術後

激痛で涙。。。。

麻酔しても激痛どころか、麻酔がまず激痛だったそうです。
(実際にすごく痛いんですけどね。笑)

そこからのJさん巻き爪

術後の痛みとの戦い

→落ち着いて、ひと段落♪

爪も綺麗になって嬉しかったみたいです♪

→→→もう巻き爪も大丈夫かな!!!!

→→→その後、、、

→→→2年後に再発、、、

前ほど膿は出なかった見ただけど腫れ上がってパンパンになったんだって。

Jさんもまさか2年で再発すると思ってもおらず、また病院で応急処置を受けたんだ。
「でももうあんな痛い施術は受けたくないしなぁ。。。」と悩み、応急処置だけしてもらって終わりその繰り返し、、、

どうしたらいいものか、、、

と過ごしながら気づいたら結婚もして、出産も経て今になっていました。

そしてまた巻き爪が再発してしまい、今度は病院で切ってもらったぶりぐらいに悪化していました。。。

そんな時にたどり着いたのが名古屋巻き爪フットケア専門院。

ボクも自分でブログを書いていて、あまりにもJさん再発しているなと感じて、すごいウソみたいに聞こえるお話だけど、本当にJさんは巻き爪に悩まれていた、、、泣

それでね、そんなJさんが巻き爪矯正を完了されたので、コメントをいただきました。
ご覧ください。

●~~~~Jさんのお喜びの声~~~~

高校生の時から巻き爪になってしまい、その時は病院で施術してもらいましたが、激痛だった印象しかありません。

その後も何度も巻き爪を繰り返していましたが、病院へ行くのも嫌で、自分でなんとなくしのいでは痛みの繰り返しでした。

来るきっかけは、高校の時ぶりに巻き爪がすごく悪くなったので、ネットで巻き爪のワイヤー矯正のことを知り1回行ってみようと思いました。

1回で痛みを軽減させるって半分嘘かなって思いながらきました。

ちょっとでも痛み取れたらなぁって軽い気持ちで行ったにもかかわらず、先生はすごく丁寧に話を聞いてくれて、何より痛みが1回だけでかなり軽減したことにびっくりしました。

今では全く巻き爪の痛みがなくなって、なんでこんなに自分は巻き爪に悩んでいたんだろうと思うぐらいです。先生ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~

Jさんコメントありがとうございます。

ではJさんの病院で再発をしてしまった原因を解説していきます。

まず、Jさんがいい例ですが、病院で巻き爪の処置をしてもらっても爪はその場は変わるけれど、巻き爪の原因は「何も変わらない」ということです。

例えば、巻き爪の食い込んでいる部分だけ直しても、「歩き方」だったり、「体のバランス」だったり「筋肉の使い方」など、なんで巻き爪になっているのか?が解消されていないので、Jさんはせっかく病院で痛い思いをしたにもかかわらず、巻き爪の痛みを結局繰り返してしまいました。

そんな時に行うべきは、実は、巻き爪の根本的な原因を取り除く巻き爪矯正
※痛くないので安心してくださいね。

ウチに来て欲しいとか言っているわけではなく、無駄なコストを将来的に省くためにも使って欲しいのです。根本的な原因から巻き爪をよくして再発を防ぐために。

初回の来店で、今あなたが考えている巻き爪の対策やお悩みを話して見てください。そして具体的な対策を一緒に考えていきたいと思っています。

もちろん、継続通院できない場合もあると思うんです。それはそれでいいと思っています。
※もちろん押し売りもしません。

あなたに巻き爪の根本改善される日が来ることを願っています。
今スグ、根本改善につながる巻き爪矯正を体感してみよう!

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る