巻き爪はワイヤー矯正施術で

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フットケア専門院です!

今回は巻き爪で悩んでいた20代男性のBさんについてご紹介します。

そのため、爪の横が腫れてしまい、が出てしまいました。

夏の暑い日にサンダルを履いて歩くのは困難なのはもちろんのこと、歩くだけで痛んでしまうので、日常生活に支障が出てしまいました。

『Bさんの声』

私はいつも爪を短く切る癖があり、足の親指を丸く切ってしまいました。

その後、どこか親指が痛むと思っていると、巻き爪になっていました。

原因は爪を丸く切ったからですが、それだけで巻き爪になるのは思いもしませんでした。

巻き爪になると、爪の横が赤く腫れてしまい、膿も出てきました。

歩く等の負荷をかけなければ落ち着くのですが、そうは行かないため膿や血が出てきて絆創膏を貼っても収まりきれません。

靴下にも血や膿が付いてしまいました。

対策として外科手術がありましたが、爪の根部分に麻酔注射しかなりの激痛だと聞いたので、別の方法を考えたところ、こちらの専門院でのワイヤー矯正施術を受けることにしました。

無事に治るのかが不安でしたが、先生が丁寧に説明されて、痛みもそこまでなく、良くなりました。

先生には感謝しています。

『まとめ』

Bさん、誠にありがとうございました。

Bさんのように、普段深爪している方が、その深爪が原因で巻き爪になることが多いです。

巻き爪の対策は爪を切ると言った外科手術以外に、ワイヤー矯正施術などがあります。

巻き爪を放置しておくと、日常生活を困難にしてしまうので、早めの対策が必要です。

巻き爪にお困りの方は、名古屋巻き爪フットケア専門院にご相談ください。

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る