しっかり知ろう!巻き爪の種類

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フットケア専門院です!

痛くて辛い巻き爪

歩くのはもちろんですが、じっとしていても痛くて仕方がないことがあります。

たかが巻き爪と思っていると、食い込んだところから化膿してしまったり、足をかばうため、腰痛になってしまったりすることもあります。

そして、一口に巻き爪といっても、いくつかの種類があります。

対策を練るには、まず相手を知ることから。

まずは、巻き爪の種類について、紹介しましょう。

●巻き爪の種類はこんなにある

 

さて、巻き爪の種類には、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、ホチキスの針のようなステーブル型

片側のみが食い込む、半ステーブル型

全体的に緩やかなカーブを描く半月型

全体的に巻くピンサー型

爪の中ほどから先端が極端に巻く、トランペット型

両サイドを深く切りすぎたために、伸びてきた爪が肉に入り込む陥入爪

この6種類のタイプに分けられます。

自分の巻き爪がどのタイプなのかがかわると、対策がわかってきます。

最も簡単な予防方法を紹介しましょう。

なによりも、爪を切りすぎないこと。爪を切る時は丸形でなく、四角く切るようにしてください。

両サイドを切りすぎると、陥入爪になりやすくなります。

また、伸びすぎると乾燥しやすくなるので、肉と同じ位置まで切るようにしてください。

●まとめ

しかし、巻き爪になる原因には、生まれつきのものや加齢によるもの、歩き方、靴の形状など、様々なものがあります。

巻き爪の種類がわかっても、間違った対策をしてしまっては逆に悪化させてしまったりすることもあります。

ご自身でワイヤーなどで治される方もいらっしゃいますが、間違った施術は危険です。

巻き爪に悩んでいる方はぜひ一度、名古屋巻き爪フットケア専門院にご相談ください。

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る