巻き爪が引き起こす足の健康被害

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている巻き爪名古屋フットケア専門院です!

靴を履いて生活をする人間は、足のサイズの合わない靴を履いたり、間違った歩行によって無意識のうちに足に負担を掛けてしまうケースも少なくありません。

足への負担は爪の変形を引き起こして巻き爪の原因に繋がる場合もあるので注意が必要です。

そこで今回は巻き爪になってしまうことで考えられる健康被害などについて詳しくご紹介します。

人間の足の爪の形は人それぞれに個人差があります。

爪の伸び方は平らな状態であれば特に問題はありませんが、内側に曲がって伸びてしまう巻き爪と呼ばれる状態になっている人は注意が必要です。

原因の多くが、毎日の外出に履いている靴の影響とされています。

しかし、実際にはそれ以外にもいくつかの原因があって、赤ちゃんのような乳幼児でも巻き爪になるケースも少なくないため日頃から足の状態には気を付けることが大切です。

日常生活で靴下などを履いていると足の爪のケアはつい疎かになりがちで、巻き爪は症状が軽度の時は自覚症状がないケースが多く気が付きにくいのが特徴になります。

症状が悪化してしまうと歩くことにも影響を与えることもあるので、早期の対策がポイントです。

巻き爪は症状によって対策は異なり、比較的軽度の巻き爪であれば簡単に対策ができます。

しかし、症状が悪化してしまうと改善や完治に時間が掛かってしまうこともあるので注意が必要です。

巻き爪になってしまった人は早急に名古屋巻き爪フットケア専門院にお越しください。

当クリニックは巻き爪施術のスペシャリストとして、カウンセリングによってお客様に最適の対策をご提案してから施術を行うので安心です。