痛い巻き爪!?その巻き爪にすぐ使える市販薬!!

ブログ

痛い巻き爪
対策もしたけど痛みが治まらない
どうにかしたいけど施術に行く時間も無いし
施術に行くまで一時的に効く薬は無いの?
今回はそんな方にオススメする薬についてお話していきます

●巻き爪とは

巻き爪とは負担がかかりやすい親指に出ることが多く
爪の端の部分が中側に巻くようになっている状態のことを言います。
巻き爪になってしまうと爪が肉に食い込んで痛みが出たり
酷くなると化膿してしまったりと辛い症状がでます。

●痛みの原因

痛みの原因は多岐にわたりますが靴や歩き方などちょっとしたきっかけでなってしまうことが多く
10人いたら1人は巻き爪で悩まれている方がいるくらい幅広いものと言えます。

●市販薬

市販薬は処方薬と違いドラックストアなど身近なところで購入することができます。
処方薬とおおまかな違いは処方薬は身体に対する影響が大きく、副作用も大きくでる
可能性があることからお医者さんが診察した上で必要と判断された場合しか購入できません。

それに対して市販薬は症状が比較的軽い状態のときに使うことを目的とした薬で処方薬に
比べれば身体に対する影響が少ないものを言います。
ただ、その市販薬も副作用に対するリスクなどで扱いが違い

ある程度作用が大きいため書面の説明を薬剤師さんから受けないと購入できない第一類医薬品

薬剤師さんか販売をしている人になるべく使い方の説明を受けた方がいい第二類医薬品

特に説明がなくても購入することができる第三類医薬品
の三つに分けられています。

どの薬も使うことによって身体に影響があるのでよく理解してから使うよう気をつけてください。
そして市販薬も第○類以外にもステロイド非ステロイドの2種類に
分けることができ、両方以下のような特性があります。

●ステロイド

ステロイドは身体の中で作られているホルモンを人工的に作り出して使えるようにしたもので
非常に効果が高く使うことによって炎症やかゆみなどの症状を抑えることができます。

巻き爪の炎症や化膿にはテラコートリル軟膏aベトネベートN軟膏ASなどが効果的と言えます。

しかし、ステロイドは効果が高いため副作用も強いと言われています。

なので長期的に使うと色々と悪影響を及ばす恐れがあるのである程度症状が治まったら
使用を控えることをお勧めします。

●非ステロイド

非ステロイドは名前の通りステロイド以外の物で作られている物で
こちらも炎症やかゆみなどの症状を抑えることができます。
巻き爪の炎症や化膿にはクロマイN軟膏テラマイシン軟膏aなどが効果的と言えます。
ステロイドに比べ効果が低くその分副作用も少なめと言われていますが
ステロイドに比べると低いだけで身体に対する影響は強く
長期間の使用は気をつけて下さい。

●酷くなる前に

巻き爪は自然に治ることは少なくちょっとしたきっかけが原因でなることが多いものと言えます。

しかし、そのきっかけを見つけず爪や症状だけを直していてもなかなかよくなりません。

なので巻き爪かな?と思ったら自分だけで抱え込まず早めに巻き爪の専門院にて状態や
原因を確認することをお勧めします。

●まとめ

今回は巻き爪の症状に対して効果的な薬についてお話させていただきました。
あくまで薬は症状に対して一時的に使用するものであり、根本的な改善ではありません。
薬の特性をしっかりと理解し使用することが必要です。
もし使用することで症状が悪化するようなら使用を中止し、早めにお近くの医療機関にて相談して下さいね。