巻き爪とはどんな爪のことをいうのだろう?

ブログ

こんにちは!
巻き爪施術を行っている高名古屋フットケア専門院です!

巻き爪とは、足の指の爪が内側に強く弯曲した状態をいいます。

また、巻き爪と言ってもその症状や形状の違いによって巻き爪はいくつかの種類に分類されます。

したがって、巻き爪の種類によって施術も違い、それぞれに対策も確立されているので、自分の巻き爪がどれにあたるかを知っておくことは施術方法を選択する上で役立ちます。

『巻き爪の種類とその特徴』

巻き爪の改善に来る方で1番多いのが「陥入爪(かんにゅうそう)」です。

陥入爪は爪の端の先端が尖った状態で内側に弯曲することで、尖ったところが皮膚にくい込んでいる状態の爪です。

この場合、皮膚にくい込んでいるところに炎症が起こり痛みを訴える人が多いです。
高齢者に多い巻き爪は「爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)」です。

爪甲鈎弯症は爪自体が分厚くなって硬化し、湾曲した状態の爪のことです。

これは爪の成長が上手くできず、厚さだけが増すことで起きる症状です。

他にも、爪が激しく弯曲して成長した爪を「弯曲爪(わんきょくそう)」といいます。

これは、陥入爪に比べて大きく弯曲しているのですが、見た目と違って痛みが伴わないことがあります。
巻き爪の種類によって対策も違いますし、昔と違って近年はその方法も確立されているので、安心して巻き爪専門院を受診してください。

『まとめ』

少し前までは、巻き爪の施術と言えば巻き爪の患部を切るなど痛みが伴う方法が主流でしたが、近年はワイヤーなどで爪を矯正するやり方が主流になっており、施術による痛みもほとんど無くなりました。

巻き爪の種類によって対策が違ってくるので、個々の症状や形状に合わせた専門家のアドバイスを受けて施術することが有益です。