巻き爪は伸ばすと良くなる?

巻き爪
鏡味 拡樹

ブログ著者:鏡味 拡樹

柔道整復師の国家資格やフットケアの専門資格を保持する、名古屋の巻き爪専門家

こんにちは!

名古屋フットケア専門院です!

巻き爪は伸ばすと良くなるという話を聞いたことはありませんか?
実際に伸ばさないと爪の施術ができないところもあります。

しかし、実際にどれくらいの長さまで伸ばさないといけないのか分からない、、、

伸びる間の痛みがあって我慢できない、、、、

など色々な意見を聞きます。

今回はそんな疑問に対して爪の適切な長さについてお話ししていきます。

●巻き爪とは?

その前にまず巻き爪とは自分の爪が変形して伸びることによって自分自身を

傷つけてしまうもので、老若男女幅広い年齢の方が悩まれています。

一度なってしまうと自然に治癒することは難しく、酷くなってしまうと出血してしまったり、化膿する可能性もあるなかな

か大変なものだと言えます。

●爪の長さについて

理想的な爪の長さは一般的に爪と指の皮膚の長さが同じくらいの長さになっている状態がいいとされていて、

さらに爪の形が四角くなっている状態を保てれば巻き爪にはなりにくいと言えます。

しかし、

「爪の白い部分が残っていると気持ち悪い」

「短くないと落ち着かない」

などの理由で深く切ってしまい巻き爪になってしまう方を非常に多く見かけます。

深く切ることによって爪は進行方向が増え巻き爪を誘発してしまいます。

そして爪は一度深く切ってしまい巻いてしまうと

爪が伸びる途中で皮膚に刺さってしまい、伸ばすのが非常に困難になってしまいます。

そうなってしまうと延々と伸びると痛い、切るを繰り返し、少しづつ短くなってしまい

いつの間にやらどうしようもない状態になってしまうのです。

●短い爪伸ばそう!

切りたくても爪が刺さって伸ばせない、、、

そんな方にはコットンパッキングをお勧めします。

コットンパッキングとは爪と皮膚の間にコットンを詰める方法で

やり方は非常に簡単で

コットン、もしくは綿棒の先っぽをちぎる

それをピンセット、もしくは爪楊枝で爪と皮膚の間に詰める

完成

この方法を行うことで一時的に爪が伸びるまで対策することができます

ただ、衛生面があるのでちゃんと毎日交換してみてくださいね!

●まとめ

今回は爪の長さについてざっとお話ししてきましたが、どうだったでしょうか?

爪は長すぎても短すぎてもそれぞれに問題があります

普段からしっかりと長さを調整して巻き爪を始め、爪の病気にならないように気をつけましょうね。

そしてもし、今現在巻き爪で悩まれているのなら一人で悩まずにまずは気軽に相談してくださいね!

それでは名古屋巻き爪フットケア専門院でした〜

この記事を書いた人

鏡味 拡樹

「名古屋巻き爪フットケア専門院」院長|柔道整復師(国家資格)

鏡味 拡樹

元Jリーグトレーナーや同業者も推薦する、名古屋の巻き爪専門院 院長。
皮膚や爪を切ることなく、根本的な原因から巻き爪を解消する施術を行う。
1回で痛みが取れることから、名古屋で巻き爪に悩む人々に人気の施術法となっている。

もっと知る